• 制御盤を作るための情報

    制御盤は工場などで機械を動かすために必要な装置です。
    もちろん、工場によって使用している機械は違いますから、必要な機能も違います。
    つまり、工場毎にオリジナルの制御装置が必要になるのです。
    また、機器の増設や撤去などによって内部の構成を変更しなければならないケースは少なくありません。そこで改造を業者に頼することになりますが、そのためには多くの情報を提供しなければなりません。当初の制御盤の回路だけではなく、その後の改造を加味した回路が必要となるのです。



    しかし、実際には回路が残されているケースはほとんどありません。

    その場だけの変更で済ませているからです。

    最近何かと話題のnanapiを調べるならこのサイトです。

    もちろん、作業をした業者が手抜きをしているわけではなく、管理しなければならない立場の人が内容を把握していないことが問題なのです。

    表面的な動きだけではなく、内部の仕組みの変化を記録することが重要となります。
    日常生活で制御盤の働きを意識することはほとんどありませんが、仕組みが変わった時に急に調べなければならなくなるのです。


    重要な機器には違いないのですが、日頃は誰も確認していません。
    それが制御盤の役割と言えるのかもしれません。動作することが当たり前の装置なのです。


    あなたが制御盤を設計する立場であるなら、そのための情報を確実に収集することが求められます。

    そうでなければ外部の業者にすべてを依頼すればいいのです。



    最終的には装置は問題なく動作することでしょう。